ジャネット社

ジャネット社商品一覧

 準備中

ジャネット社とは

アメリカ・ペンシルバニア州でガラスボトル製造業を営んでいたジャネット社は、1989年に機械を導入し、それまでの手作業による瓶作りから、機械を用いてさまざまなジャー(ボトル)や自動車用のヘッドライトレンズの生産を開始しました。

1920年代初頭より、時代の流れにそって、ジャネット社もディプレッションガラスを生産するようになりました。もともとの分野であったボトルやジャーはもちろん、クリスタルのプレート・カップ&ソーサー・ボウルなど、さまざまなガラス食器が今でもコレクタブルアイテムとして人気です。

ジャネット社は、1961年に同じペンシルバニア州のマッキー社を買収した後も生産を続け、1983年に廃業するまで、多くの美しいガラス食器をシリーズで送り出しています。

その中で、日本のコレクターの間では、ジェダイカラーのキャニスターが抜群に人気です。コーヒー・シュガー・ティー・シリアルなどのための保存容器として販売されていたアイテムですが、趣のあるジェダイカラーとポップなデザインで、いろいろな用途に使えそうです。同じく、ファイヤーキングのジェダイシリーズと相性の良いソルト&ペッパーなどの調味料入れも人気・レア度ともに非常に高いアイテムです。
保存容器や調味料入れは一度手に入れると、長年使えば使うほど愛着が湧きそうです。レア度が高く入手困難ですが、チャンスがあればお見逃しなく!

シェアお願いします♥